近況

【ただの近況】バンコクに移ってそろそろ二週間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

サムネイル写真は引っ越し直後の部屋内観です。

6月末からタイ・バンコクでの新生活がはじまっている。

理由はひとつ前の記事にエモーション全開で書き綴ったが(そもそも今のところこのブログにはそれとこの記事の2つしかないのだが)、改めて書くと「編集業に集中するためたくさんのクリエイターに会いたい、そのためにはホーチミンよりアジアのハブであるバンコクに拠点を移そう」というもの。こんなこと言うとベトナムに長くいる人からお叱りを受けるかもしれないが、正直なところ以前からバンコクのシティライフに憧れていた節もある。気分は「人生二度目の上京」だ。

6年余りのベトナム生活であったことすべて書く

生活準備もひと通り落ち着いて、いや逆に落ち着きすぎて、ほとんど部屋を出ずただただ仕事をする日々を送っている。居心地が良すぎるということが最大の原因で、かつ期待通りの結果だ。編集業に全振りできているということなのでそれはいいんだけど、ベトナムにいた頃は取材きっかけで外に出たりバカバカしい企画をすることも多かったので、そこんとこだけが物足りない。

以前、父が母に「ネルソンは活動的な子じゃなかったのに、どうしてああなったんだろうな」と言っていたらしい。現状を振り返ってみるとそれは今でも相変わらずで、取材(つまり仕事)という動機がないと本当に外へ出ない子なんだなと思う。ちなみに父は僕のことを「ネルソン」と呼ばない、呼ぶ訳がない、呼んだらもう実家に帰らない。実際は「たける」だ。そう書くなら最初からそう書きゃいいじゃねぇか、って話だけども。

最近はいい感じにバンコクを歩き回るネタが思いついたので、早く書きたい(外に出たい)。

8月下旬にホーチミンに行く。

またすぐにバンコクに戻るんだけど、ちょっと長期的にやりたいことがあって、主要都市の写真を撮り収めるために日本にいるうちに各種レンズを買った。安物の中古品ながら、望遠?広角?単焦点?ひと通り揃えるとさすがに財布がしぼんでしまったので、有効活用することでせめて精神衛生は健全に保ちたい。今も棚に締まったままのGoProの二の舞は避けたいと思う。いや使えよ、って話だけど。今は思いつかんのよね。広角レンズ買っちゃったし…。

この企画は本当におもしろい(はずだ)よ!お披露目は年内にできるかどうかってところだけど、楽しみだ。

べとまるも更新しなきゃなぁ。SSL対応もしなきゃだし、写真も旧サーバにのっかったまま、書いてないネタも溜まりに溜まっている上に、ベトナム語化もしなくちゃならないし英語化もいつかはやりたい。今の仕事は確実にやるべきことなのだが、なんにしろ忙しくなってしまった。忙しい忙しいと言ってるやつは無能の証と聞いたことがあるが、愚痴じゃないからまーいいでしょ。

最後に、ここ最近あった個人的なニュースを書きます。

デイリーポータルZで海外ZINEが月イチ掲載されます

海外ZINEは、昨年11月から編集長としてあれこれやってるカルチャーショック紹介サイト。先月からデイリーポータルZで月イチ掲載することになりました(ここではライターをはじめて3年半以上経つ、ライターをはじめた大きなきっかけ)。僕は海外ZINEをはじめるにあたって参考にしたサイトやテレビ番組なんかがあって、差し支えないから書いちゃうと、DPZのほか、ジモコロ、NHK教育、ここがヘンだよ日本人、Cakes、とか。ほかにもたくさんあったけど今すぐに思い出せない。とくにDPZは、編集のやり方はかなり参考にしている(編集作業は海外ZINEがはじめてだったから)。

だから、わーうれしいなぁと思った。どれだけ大量のPVよりも、自分が敬意を抱いているところと関われる方がよっぽど元気になりますよね。

海外ZINEのストツー記事がバズった

基本的に自分は編集に回っていたんだけど、最初からバズらせたい!と思っていた記事がありがたいことにバズった。あくまで海外ZINEのふだん基準では、なんだけど、むしろそれにしてはかなり(何しろ最大瞬間風速は前月の20倍までハネた)。企画内容もそうだけど、文章執筆や、イラストにサムネイル、全方位に対して練りに練ったもので、たくさんの人の手が関わっていたのでうれしい。

ダルシムはインド人に許されるのか? ストツーキャラの印象を各国の人に聞いてみた

ただ、公開当初は周りの友人が絶賛(あえて言う)してくれただけで数字にはつながらず、途中で漫画家さんやゲーマー界隈で有名な方がリツイートしてくれてはじめてバズるというところまで到達した感じ。良いものをつくったからといってどうなるかは運次第、ということを思った。でも、はじめの一歩のセリフであったよね、「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし!成功した者は皆すべからく努力しておる」。まんまあれだなーと思ったわ。

仕事旅行さんで自伝記事をリライト&掲載してます

「自伝ですよね」「自伝じゃないですよ」というやりとりを何度したことか分かりませんが、もう自伝でいいです。恥ずかしいので自伝と言いたくなかっただけです、すみません。前回書いた2万字近いロング記事(冒頭のリンクです)、職業体験サービスサイト&メディアの『仕事旅行』さんでリライト&掲載しております。今時点で、前編と中編が公開。長すぎて3つに分けました。編集は以前から付き合いのある、河尻亨一さんにやっていただいております。地元が同じということもあって、勝手に心の中で兄貴的存在だと慕っています。それにしても、編集内容がすごく勉強になった。追記もしたので、おもしろく、かつ読みやすくなっていると思います。

海外旅行でベトナム行ったらそのまま働くことになったーネルソン水嶋の仕事珍遊記vol.1
僕は本気になるときに本気になれない人間だったのだーネルソン水嶋の仕事珍遊記vol.2

そのうちタイの日系フリーペーパーで特集してもらいます

編集部のみなさんのノリがよく、こちらも容赦なくおもしろいことにこだわれそうなので超楽しみ。

今はそんなところか…。

結局海外ZINEのことばかりになったけど、こちらは最近に増して世界各地からライター希望の問い合わせがあって(ありがてぇ、ありがてぇ…)、そろそろ20カ国に到達しようとしています。敏腕ライターの方以外にも、ストーリーの濃い方がいたり、サイト上でどうしたらご活躍いただけるかということを考えるのが、楽しみで楽しみで楽しみでしょうがないです。私自身書く記事も、ストツーにつづいて良いものがたくさんあるんですよ!まーそう言って何度もコケてきてますけどね。

記事そのもの以外でのコンテンツの見せ方についても今後工夫を凝らしていこうと思っており、ウェブメディアではあまり見たことのない施策を取っていくので、相変わらずやる気に満ち溢れています。そういえば、そもそもべとまるだって、ウェブメディアという存在をほとんど意識せずはじめたものだったので、たぶんそういう「とりあえずやってみる」ことが好きなんだと最近になって気づいた。

最後の最後に。なんで突然この近況報告的な記事を書いたかっていうと、活動を報告してるFacebookページでさっきの仕事旅行の記事をシェアしたところ反応をもらって。あぁ、気にかけてくれている人がいるなら、ちゃんと公に近況報告くらいするべきだよなって思ったからです(Facebookのプライベートアカウントではしてるけど、それじゃ届かないからね)。そんな訳で、今日の仕事をいったん放り投げて今これ書いた。さぁ、仕事に戻るぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket